[ロスチャイルド家]

#世界史
【ロスチャイルド家①】世界を裏で牛耳る華麗なる一族
[ロスチャイルド家①]世界を裏で牛耳る華麗なる一族
【ロスチャイルド家②】ユダヤ人大富豪にまつわる陰謀論の真実
[ロスチャイルド家]ユダヤ人大富豪にまつわる陰謀論の真実

[ロスチャイルド家]

1、(世界三大財閥)

  • ロックフェラー家1 アメリカ、石油、不動産
  • モルガン家2 アメリカ、金融、鉄道
  • ロスチャイルド家3 ヨーロッパ、金融

19世紀の覇者(金融、鉄道、石油

王家・ハプスブルク家4

芸術・メディチ家5

2、(はじまり)

神聖ローマ帝国6、フランクフルト

初代:マイアー7(1744−1812) ロートシルト(ロスチャイルド)…赤い表札、古銭・郵便→財務

2代目:五本の矢

①アムシェル(フランクフルト)

②ザロモン(ウィーン)

③ネイサン(ロンドン)

④カール(ナポリ)

⑤ジェームズ(パリ)

①情報:鳩、馬、船

②教育:家庭教師、5カ国語

③結婚:同族婚(〜3代目)

3、(躍進)

①銀行業

・ナポレオン戦争 ワーテルローの戦い

・普仏戦争

②鉄道業

・ハプスブルグ鉄道

・北フランス鉄道網

③ワイン

・シャトーラッフィトロートシルト

・シャトームートンロートシルト

4、(それから)

①5家→2家(パリ家、ロンドン家)

②ナチス→陰謀論 映画

現在:七代目、3つの金融グループ

ユダヤ人支援

富の王国 ロスチャイルドロスチャイルド一族の歴史から学ぶ上手なお金の生かし方【電子書籍】[ 池内紀 ]
価格:1584円 (2020/5/25時点)楽天で購入
  1. ロックフェラー家(Rockefeller family)は、ドイツ南部のプロテスタントの一派バプテスト(浸礼派)として起源を持ったアメリカ合衆国の名門一族。祖先はフランス系ユグノー出身であり、本来の家名はロクフイユ(Roquefeuille)であったが[1]、ドイツへの移住とともにロッゲンフェルダー(Roggenfelder)となり[2]、アメリカに移住してからロックフェラーと改称した。[]
  2. モルガン家はロスチャイルドロックフェラーチャーチルアヴェレル・ハリマンらと閨閥をつくっている[2]。彼らとは生前からビジネスで協力する関係にあったとみられる。1913年の連邦準備制度の設立にも積極的かつ組織的に関与したものと考えられる[3]。外交官のジョセフ・グルーも家族関係である。CIA の前身であるOSS にはモルガン家が在籍した。ジョンの会社JPモルガンは、ラモントのときに関東大震災復興資金のシ団を代表した。こうしてモルガンは日本の政治経済に浅からぬ影響を残した。[]
  3. ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。ドイツ語読みは「ロートシルト」。フランス語読みは「ロチルド[1]。)は、ヨーロッパの財閥、貴族。門閥として名高い。ロマノフ家とはHubert de Monbrison (15 August 1892 – 14 April 1981) の三度にわたる結婚を介して家族関係にある[2]。また、ベアリング家ともギネス家を介してやはり家族関係である[3]モルガン家ゴールドシュミット・ファミリーとも親密であり、1001クラブ等の広範なビジネスコネクションをもつ。アメリカについては、ウィルバー・ロスフィデリティ・インベストメンツと、実業家時代のドナルド・トランプを支援した[4][5][]
  4. ハプスブルク家ドイツ語: Haus Habsburg)は、現在のスイス領内に発祥したドイツ系アルザス系)の貴族

    古代ラテン人の有力貴族であるユリウス一門カエサル家)の末裔を自称し、中世の血縁制度を利用した政略結婚により広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、オーストリア大公国オーストリア公国)、スペイン王国ナポリ王国トスカーナ大公国ボヘミア王国ハンガリー王国オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)などの大公国王皇帝の家系となった。また、後半は形骸化していたとはいえ、ほぼドイツ全域を統べる神聖ローマ帝国(ドイツ帝国)の皇帝位を中世以来保持し、その解体後もオーストリアがドイツ連邦議長を独占したため、ビスマルクによる統一ドイツ帝国から排除されるまで、形式的には全ドイツ人の君主であった。ヨーロッパ随一の名門王家と言われている。

    家名の「Habsburg」の発音は、ドイツ語発音: [ˈhaːpsbʊʁk]ハープスブルク)とドイツ語では発音される[1]。ただし日本では慣用表記・読み方であるハプスブルクが多く使われる。スペイン語ではアブスブルゴ家(Casa de Habsburgo)、フランス語ではアブズブール家(Maison de Habsbourg)となる。ルドルフ1世以来オーストリアを本拠としたことから、スペイン系を含めて「オーストリア家」(ドイツ語:Haus Österreich, スペイン語:Casa de Austria, フランス語:Maison d’Autriche)とも呼ばれる[2][]

  5. メディチ家(メディチけ、イタリア語: Casa de’ Medici)は、ルネサンス期のイタリアフィレンツェにおいて銀行家、政治家として台頭、フィレンツェの実質的な支配者(僭主)として君臨し、後にトスカーナ大公国の君主となった一族である。

    その財力でボッティチェリレオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロ、ヴァザーリ、ブロンツィーノ、アッローリなどの多数の芸術家をパトロンとして支援し、ルネサンスの文化を育てる上で大きな役割を果たしたことでも知られている。歴代の当主たちが集めた美術品などはウフィツィ美術館などに残され、また、ピッティ宮殿などのメディチ家を称える建造物も多数フィレンツェに残された。これらは、メディチ家の直系で最後の女性アンナ・マリア・ルイーザの遺言により、メディチ家の栄華を現代にまで伝えている。一族のマリー・ド・メディシスブルボン朝の起源となった。[]

  6. 神聖ローマ帝国(しんせいローマていこく、ドイツ語: Heiliges Römisches Reich, ラテン語: Sacrum Romanum Imperium, イタリア語: Sacro Romano Impero, 英語: Holy Roman Empire)は、現在のドイツオーストリアチェコイタリア北部を中心に存在していた国家[1][2]。9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。西ローマ帝国の後継国家を称した。中世以降は国号に「ドイツ国民の」が加えられ(解散時には単なる「ドイツ帝国」)ドイツ人国家としての性格を明確化したが(ただし、支配下にかなりの他民族領域も含まれる)、同時に国家としての統一性は形骸化し、分立するドイツ諸邦の形式的な連合体へと変質していった。[]
  7. マイアー・アムシェル・ロートシルト: Mayer Amschel Rothschild、1744年2月23日 – 1812年9月19日)は、ドイツの銀行家。ヨーロッパの財閥ロートシルト家(英語読みでロスチャイルド家)の基礎を築いた。

    フランクフルトで古銭商人としてスタートし、ヘッセン=カッセル方伯ヘッセン選帝侯)家の御用商人の銀行家となったことで成功のきっかけを掴み、ナポレオン戦争で大きな財を成した。彼の5人の息子たちはフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(次男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の5か所に分かれて事業を行い、それぞれ5家のロートシルト家の祖となった。

    帝国郵便の代表的な債権者であった。郵便事業はスペイン継承戦争でネーデルラントから追われ、フランクフルトを拠点にしていた。

    []

コメント

タイトルとURLをコピーしました