[コロナショック]

#StayHome
【コロナショック①】ウイルスとは何か?
[コロナショック①]ウイルスとは何か?
【コロナショック②】ウイルスにしっかり対応していこう
[コロナショック②]ウイルスにしっかり対応していこう

ウイルスは悪者なのか? そう決めつけるにはまだ早い
エボラ出血熱、デング熱、新型インフルエンザなどをもたらし、
時に人類にとって大きな脅威となるウイルス――
しかしそれは、この「生物ならざるもの」が持つ一面に過ぎない

ザンビアの洞窟でコウモリを捕まえ、モンゴルの大草原でひたすら糞を拾う
ラボと世界各地のフィールドを行き来し研究を続ける”お侍先生”が、その本質に迫る

私の研究対象が人獣共通感染症病原体だったからか、頻繁にフィールドでの調査に赴く機会に恵まれた。次第に、自然界におけるウイルスのあり方について、思いをよく巡らせるようになった。そしていまでは、ウイルスへの見方がずいぶんと変わってきた。(本文より)

===================
もくじ

プロローグ エボラウイルスを探す旅

第1部 ウイルスとは何者なのか
1章 ウイルスという「曖昧な存在」
2章 進化する無生物
3章 ウイルスは生物の敵か味方か

第2部 人類はいかにしてエボラウイルスの脅威と向き合うか
4章 史上最悪のアウトブレイクのさなかに
5章 研究の突破口
6章 最強ウイルスと向き合うために
7章 長く険しい創薬への道程
8章 エボラウイルスの生態に迫る

第3部 厄介なる流行りもの、インフルエンザウイルス
9章 1997年、香港での衝撃
10章 インフルエンザウイルスの正体に迫る
11章 インフルエンザウイルスは、なぜなくならないのか
12章 パンデミックだけではない、インフルエンザの脅威

エピローグ ウイルスに馳せる思い――ウイルスはなぜ存在するのか

コメント

タイトルとURLをコピーしました