[コロナ時代をどう生きる?]

#現代社会
【コロナ時代をどう生きる?①】緊急事態を乗り越えるための三段階
[コロナ時代をどう生きる?①]緊急事態事態を乗り越えるための三段階
【コロナ時代をどう生きる?②】自粛解除後の日本は一体どうなる?
[コロナ時代をどう生きる?②]自粛解除後の日本は一体どうなる?

世界28カ国で緊急刊行! 
非常事態下のローマより。イタリアを代表する小説家によって綴られた「コロナの時代」を生きる人類のための道しるべ。

発売前から各所で話題沸騰! 

◾️48時間限定で行なったウェブでの全文公開は、累計90万ビューを記録
◾️毎日新聞「特集ワイド」で紹介
◾️朝日新聞「コロナ禍、文学になにができる」で紹介
◾️日本経済新聞、サンデー毎日、スポーツニッポン、HONZほか各所で紹介

内容紹介

「家にいよう」
「躊躇したぶんだけ、その代価を犠牲者数で支払う」
「いいかげんな情報が、やたらと伝播された」
僕たちは、感染症の科学について何を知っている必要があり、今まさに訪れようとしている「コロナの時代」をどう生きるべきなのだろうか? 
200万部のベストセラーと物理学の博士号をもつイタリアの小説家による、緊急事態宣言下の日本の人々への示唆に満ちた傑作エッセイ。
日本語版には、後日談となるあとがきを特別掲載。

目次

地に足を着けたままで
おたくの午後
感染症の数学
アールノート
このまともじゃない非線形の世界で
流行を止める
ベストを望む
流行を本当に止める
慎重さの数学
手足口病
隔離生活のジレンマ
運命論への反論
もう一度、運命論への反論
誰もひとつの島ではない
飛ぶ
カオス
市場にて
スーパーマーケットにて
引っ越し
あまりにたやすい予言
パラドックス
寄生細菌
専門家
外国のグローバル企業
万里の長城
パン神
日々を数える

あとがき:コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました